人気ブログランキング |

読む・落語/betty館・・・笠碁

 笠碁

b0163381_20184148.gifb0163381_20184148.gif





碁仇は憎さも憎しなつかしい



   10代目 金原亭馬生 
      
                



えぇ~・・

「碁・将棋に凝ると親の死に目に会えない」・・・・・

なんて・・・いぅ・・・ことわざがございます

勝負事の面白さはまた別でございまして、
   
お金を賭ける。

 ところが、碁・将棋というものは
   
 お金を賭けないであんなに

 おもしろいものはない。

 あたくしも嫌いなほうじゃございませんで・・

 まぁ・・一時・・楽屋で・・・

 「まった倶楽部」なんてものをこしらえまして、

 ・・・・・《まった》をすると100円取られる・・・・・

 と、いう様なおもしろい会がございました。

 えぇ~・・碁も嫌いなほうじゃございません


 でも、碁会所なんぞにたまにこう覗きに、

  行くってぇと、全部、碁の巧い人ばっかりが

 あすこへ集ってんだと思うと

 そうでもないんですね。

 なかには・・・・

 かなり分からないで・・・・

 ウロウロとしている人がいましてね。



      


 男・・・・・あ~やってますね
 
     やってるねぇ
   
      すごいねぇ~・・わぁ~すごい

      う~ん・・・う~ん・・・うぅ・・・う~うん



 客・・・・・あのどうでもいいんですけどね

      あたしの頭の上でうなんないでください

      やりにくくてしょうがないから
 
      あっち行って下さい


 男・・・・・ちょっと伺いますけれも・・

      この白石は誰んですか?

 客・・・・・いぇ・・白はあたしんです・・・

 男・・・・ そんなことないでしょう?

 客・・・・・白は全部あたしんです

 男・・・・ 違うでしょう?

      ちゃ~んと知ってんですよ
   
      このうちんですよ

 客・・・・あなた・・いったい何が言いたいんです・・・

  
 男・・・・だったら、白石だったとすると・・・

      あちらが黒石ですね

      あなたの負けですね・・

 客・・・・どういう訳で負けですよ

      まだ始まったばっかりです・・・

 男・・・・ いやぁ~負けですよ・・・

      強情言っても駄目です

      負け・・・・気が付かないんですか?・・・

      気が付かない・・・

      あすこに黒が4つ並んじゃってるんです
   
      どっちへ置いても5つになると・・・

      子供だって分かるんですよね・・

      両方に置かなきゃこれは止まらない・・・・

      と・・・いう

      いや~・・あの・・

      ねぇ~ほんと、強情ですね・・・

     わかんないですか?・・・


      あなた・・・

      日本のことばわかりますか?

      えぇ~4つです・・・・

      ねぇ・・算術わかるんですか?

       数字は?・・ねっ・・4つでね・・・・

      両方に置かないとこれねぇ~

      片方置いても・・

      どうしたって・・・・

     どっちに置いたって・・・5つになる・・

      ねぇ~簡単なんですよ・・・・

   
     ・・・・こっちは並んでるね・・・こりゃ

     ・・あっ・・本碁ですか!

 客・・・・あっち・・・いってくださいよ

     本碁も下谷もないんだから・・

     うるさいんだから・・・・

     ねぇ・・う~ん・・・

      黙って下さい・・・・

 男・・・・本碁とは・・知らなかったもんですからね

      え~・・・そのハジの白石危ないですね?

 客・・・ あなた知らないんでしょう

      知らないんだったら黙って下さい

 男・・・・ いゃいゃ・・・でも・・・危ない

 客・・・・危なくないですよ・・このハジだけは・・・、

      私はちゃんと・・

      地所をこしらえた・・


      陣地が出来てる

      目が出来てる  

 男・・・・そうですかぁ~・・・

     危なくないですか?

     私は、危ないと思うんですよ

     危ないねぇ~そりゃ~

     うははぁ~・・・おっこった!


b0163381_20235524.gif
b0163381_20242740.gif








こんなのがいた日にゃ、


どうにもなりませんでね


まあ・・・・


話の方には、よくこういうのが


出てきますけれども



           つづく








   笠碁ー2





 旦那1・・・・

 旦那2・・・ あっ・・

 旦那1・・・ いゃぁ~・・え~・・ど~も・・え~先日は・・・・

 旦那2・・・ あ~いゃいゃ・・ど~ぞ・・・ど~ぞ

      お上りくださいまして・・・・

      いゃぁ~・・昨日はねぇ~・・・

      少し私の出来が良すぎました

 旦那1・・・ え~ま~・・・私も・・帰りましてねぇ・・

      どうしてあれだけ

      出来が悪かったのかと・・思って・・・・

      くやしくってねぇ~





 旦那2・・・ えぇ~・・・いぇいぇ・・・そういうこともあるから・・・

      また面白いんです

      あ~・実は・・ねぇ

      碁に取り掛かる前に・・・



      ちょっと・・・



     お宅に申し上げておきたいんですが・・・

     昨日は碁を終わりましてね・・・

     えっ・・浅草へ行くと話をしてましたなぁ・・・

     あの~浅草へ行った帰りに・・・

     根岸にまわりまして




     え~・・久しぶりに、先生と・・

     こう・・・やりまして・・・はい・・・

     まぁ・・・先生が不思議そうな顔をして・・・・

     『あなた・・・・ちっとも上達しませんが、



     今まで碁はずっとおやりになりませんでし



     たか?』・・と・  こう・言うから・・




      『いぇいぇ・・とんでもない・・・

      1日に30番は確実にやります。』・・・・

      『はぁ~・・それにしちゃ上達しませんが・・・
         
      ははぁ~ん・・あなたは・・



      「 《まった》・・・を、しますな。」・・



      と・・こう言う・・・・


      『え~・・実は・・《まった》・・をします。』

      『あっは~・・それがいけない・・《まった》・・を・・



      すると、腕前が上達を・・いたしません・・


      これからは、《まった》・・なしで

      やってごらんなさい。』・・と・・・

      こう・・言われた・・・




   
      どうです・・きょうはですね・・・



      うぅ~ん・・
         
      《まった》なし・・

      と・・いうのを

      ひとつ・・・・やってぇ~みませんか?


   
 旦那1・・・ 結構ですね・・・

      い~え・・・普段から私は

      《まった》・・・が・・多すぎると思ってんですよ

      え~・・時によると・・

      《まった》・・・を・・打ってんじゃないかと

      思うくらいで・・・・

      え~・・まぁ~・・しまいには・・




      訳がわかんなくなちゃう事もありますから・・・

      え~・まぁ・・・ひとつ・・・

      《まった》・・なし・・・

      結構ですなぁ・・・



 旦那2・・・ そう・・《まった》・・なし・

      いい?・・・

      あっ・・じゃ~・・・

      いきましょうよ

 旦那1・・・《まった》・・なしなんてぇのは、ね・・

      そうするとね・・・・あの・・下ろす手が・・

      こう・・自然に丁寧になりますからね
           
      えぇ~・・もぅ・・《まった》・・なし

      と・・いうことに決まりましたら



      え~《まった》・・を・・なしにしましょうね




 旦那2・・・ えぇ~《まった》・・を・・しちゃいけません・・と・・



 旦那1・・・ あぁ~・・えぇ~・・えぇ・・私も・・


           
      《まった》・・は・・いけません



      えぇ~・・《まった》・・は・駄目だと・・・・



      そういうことです・・・・



 旦那2・・・ 《まった》・・を・・したら・・



      承知をしないと・・いうこと・・



 旦那1・・・ えぇ~それはそうです・・と・・




 旦那2・・・ え~・・・あぁ~・・・



      そっちへまわるんですか?



      うふ~ん・・・じゃ私は・・



      こっから・・こう・・ポーンと・・・



      喧嘩にいきましょう・・・



 旦那1・・・ お~喧嘩・・好きですね



     え~と・・それではですね・・・私は・・ここから・・



      こういきますよ・・



      そういうことすると・・・



 旦那2・・・ う~ん・・・私だって



      そういう事をしちゃ・・・



       《まった》・・なし・・ですからね



       こぅ~・・こぅ~・・いっていじめちゃう



       ・・・・・・・・・・・・・・・・



      いじめると思うでしょう・・



      いじめると思うのが違うんですね・・・



       ・・・・・・・・・・・・・・


      ねぇ・・《まった》・・なし・・ですからね



      こういきましょう・・・こうですよ・・・



      え~・・・・・・・・う~・・・・・・ん



      ははぁ~・・・・・・


      う~・・・・・・ん



      あの・・これ・・ちょっと間違えちゃった・・・



      あの・・こぅ・・・ちょっと・・・間違えちゃった・・



      間違えちゃった・・・



      こぅ・・間違えちゃった・・・これっ・・・

             
    
      あの・・ち・ちぃ~と・・・これぇ~・・・



 旦那1・・・ でも・・《まった》・・なし・・って・・・



 旦那2・・・ いゃ~・・《まった》・・なし・・って・・・・・



      ほどのもんじゃない・・



      ただ・・・ちぃ~と・・・



 旦那1・・・ でもね・・《まった》・・なし・・って・・・



      決めたのは・・・あなたですから・・・



      これは・・《まった》・・なし・・でいきましょ



 旦那2・・・ あっ・・そう・・・



       《まった》・・なし・・・ねぇ・・あっ・・





       うん・・・・・



      え~・・と・・・それじゃねぇ・・・



      ・・・・・・・・・



      あ・・・お・・大きすぎるんだよ・・これ・・



      あの・・・・一番・・・そっちが待ってくれれば・・



      私がひとつ待つ・・と・・



                  つづく 

by kimagurebetty | 2001-07-21 20:16 | 囲碁 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード